豊かな農産物を生み出す新潟

新潟県は、日本海側に位置し、雪が多いことで知られています。特に山間部は、世界でも指折りの豪雪地帯です。ただ、日本海の暖流の影響もあり、冬の気温は北海道などと比べると高く、夏も湿気が多くて蒸し暑いと言われます。

そんな新潟県の産業として真っ先にあげられるのが、農産物です。 特に、気候を生かした米の栽培がさかんで、収穫量は国内第1位であり、「コシヒカリ」などのブランドを含め、非常にたくさんの米が作られています。特に、魚沼地方で作られる「魚沼産コシヒカリ」は、日本一のトップブランドとして全国的に有名です。

「日本一の米どころ」にふさわしく、米を使った食品も多く開発されています。煎餅・あられなどの米菓や日本酒も日本有数の生産量を誇っています。

また、スイカ・イチゴ・ナシといった果物の栽培も盛んに行われており、多くの新潟ブランドを輩出しています。