チューリップの栽培について

新潟県は、隣県の富山県と共にチューリップの栽培で有名です。
チューリップの花が海外から日本に持ち込まれたのは江戸時代ですが、本格的に球根栽培が始まったのは大正時代の新潟県と言われ、日本における「チューリップ球根栽培発祥の地」とされています。

気象条件がチューリップの国・オランダに似ている上、信濃川や阿賀野川の堆積地帯・日本海砂丘といった場所の土壌が球根の栽培に最適であると考えられています。
現在では、チューリップの切り花生産が全国1位、球根は全国2位となっています。チューリップに限らず、スイセン・クロッカスといった球根から育てる花の栽培も盛んで、球根栽培全体では全国1位です。

チューリップは、新潟県の県花・新潟市の市花に認定されています。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。