スイカの生産について

新潟の名産品として忘れてはならないのがスイカです。その歴史は古く、明治時代の中頃にはすでに砂丘地で栽培が始まっていたと言われています。

新潟のスイカは、口の中でシャリシャリとした感触のとても甘い品種です。

日本海砂丘地においては、春先に高温・多照になることがスイカの育成条件に適していると考えられています。また、コシヒカリで有名な魚沼地方でも同様に、黒色火山灰度の土壌や梅雨が明けた後の高温・多照や、温の日較差等がスイカ栽培に有効とされ、名産地となっています。

中でも、南魚沼市に広がる八色原で収穫される八色(やいろ)スイカは全国的にも有名なスイカのブランド。とても糖度が高く、日本一の甘さを誇っています。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。