大豆の生産について

新潟県では大豆の生産も積極的に行われており、平成20年は全国7位の大豆生産面積と、6位の収穫量を記録しました。

主に作られているのは「エンレイ」という品種で、新潟県の大豆の9割以上を占めると言われています。栽培がしやすく、豆腐や味噌・煮豆などに適した品種であり、枝豆に加工されるケースもあります。

コシヒカリを作っていた水田で、エンレイが転作されることもあります。

また一部では「あやこがね」という、新潟県が推奨している品種も作られています。
新潟県で作られる「越後味噌」の中には「あやこがね」から作られる「あやこがね味噌」という商品もあります。あやこがね大豆を使うことで、味噌に独特の明るさや旨みが出ると言われているのです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。