枝豆の生産について

枝豆は熟していない緑色の大豆であり、全国各地で30種類にものぼるたくさんの大豆から作られています。枝豆においても、新潟県は全国第4位の収穫量を誇ります。さらに、全国で最も県内の枝豆消費量が多い県になっています。

新潟県で収穫される大豆「エンレイ」は、枝豆よりもどちらかと言うと味噌や豆腐などへの加工に適しているため、新潟県の枝豆作りで代表的とされるのは「黒埼茶豆」と呼ばれる品種です。古くから新潟県西蒲原郡黒埼町(現新潟市小平方)で栽培されていたもので、黒埼町農協(現在越後中央農協)等によって町の特産品に成長しました。

県外に出荷される時には、「新潟茶豆」という名称で呼ばれることもあります。豆粒の薄皮が茶色であることが、「茶豆」という名前の由来と考えられていますが、外側は他の枝豆と変わりありません。

他の品種よりも糖分が多いとされ、味が濃く香り高く、人気のトップブランドへと成長を遂げたものです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。